テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.10.29

日本の「旅行・観光競争力」は世界何位なのか?

 海外からの観光客の姿を見ることが、都心・観光地問わず珍しくなくなった今日この頃。日本への観光は人気が高まっていますが、実際に数値化してランキングするとどれくらいになるのでしょうか。

日本は世界で何位に位置するのか?

 今回指標とするのはWEF(世界経済フォーラム)が2年に一度発表している「旅行・観光競争力レポート」。この調査は「効果的な環境」「旅行・観光の政策と促進要件」「インフラ(社会基盤)」「自然・文化資源」の4分野14項目90指標を用いて、観光地としての魅力を数値化したもの。2019年版では140か国が対象となり、ランキングTOP10は下記の通りになっています。

第1位 スペイン
第2位 フランス
第3位 ドイツ
第4位 日本
第5位 アメリカ
第6位 イギリス
第7位 オーストラリア
第8位 イタリア
第9位 カナダ
第10位 スイス

 日本は140か国中第4位、アジアでは首位にランクイン。実はこの顔ぶれは前回2017年度ほぼ変わらず、前回も日本は同じ順位に位置していました。

日本が評価されている理由は?

 特に高く評価されたポイントは「安全・安心」「保健衛生」「ICT活用」「陸上の交通と港湾のインフラ」「文化的資源とビジネス旅行」の5項目。中でも「陸上の交通の利便性」では140か国中1位に輝き、安定した日本の交通インフラが高く評価されていることが分かります。時間通りの安定した運行、質の高いサービスは日本が誇るべきものといえるでしょう。

 14項目中もっとも高い評価を得たのが「文化的資源とビジネス旅行」の項目で、世界遺産の数では10位、口承・無形文化遺産の数では3位と、日本が文化的に恵まれていることがあらわれています。なかでも筆者が意外に思ったのは、大規模スポーツスタジアム数が140か国中3位だということ。バレーボールやラグビーW杯は日本各地で試合が開催されるのが当たり前と思っていますが、実はこれはとても恵まれたことなのかもしれません。

世界に開かれつつある日本

 6点以上のスコアにはならなかったものの、前回の調査と比べて評価された点に、海外からの観光客やビジネス客に対してオープンになっていることが挙げられます。2019年開催のラグビーW杯や2020年開催の東京五輪をきっかけに日本各地で世界中の人を迎える準備が進んでいますが、このことが評価されるのはとても喜ばしいことといえるでしょう。

 今後も国際化に伴って海外からの旅行客が増えることも想定される日本。上記の通り、海外からの旅行客を受け入れる準備は整いつつありますが、より日本への旅行を豊かにするには日本に暮らす私たちの意識も変わる必要があります。多くの海外からの観光客に日本を堪能してもらえるように、私たちひとりひとりがおもてなしの心を持てるようになれると良いですね。

<参考サイト>
・Travel & Tourism Competitiveness Index2019 edition|WEF
http://reports.weforum.org/travel-and-tourism-competitiveness-report-2019/country-profiles/?doing_wp_cron=1570152660.4085600376129150390625#economy=JPN
(10MTV編集部)

あわせて読みたい