テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.06.28

「老後に住みたい都道府県」ランキング

 老後はどのようなところで暮らしているイメージでしょうか。大きく分けると、「田舎暮らし」派と「都会暮らし」派に分かれるのではないでしょうか。田舎で暮らせば、自然豊かなところで穏やかに過ごすことができます。一方、都会で暮らしていれば美術館や博物館、カルチャースクールなどの文化的なものにアクティブに触れることができるところが強みです。では実際に都道府県で考えるとどこが人気なのでしょうか。ここではランキングをみてみましょう。

トップは「東京都」

 gooランキングでは「老後に住みたい都道府県ランキング」を発表しています。調査は2019年8月末に行われたもので、対象は「リサーチプラス」モニター500名(20代から30代の男女)。インターネット調査(複数回答)です。この結果トップ5は以下の通りとなりました。

1位 東京都 89票
2位 沖縄県 84票
3位 北海道 64票
4位 神奈川県 55票
5位 千葉県 43票

 1位は「東京都」です。田舎暮らしをイメージしていたひとにとっては、意外な結果ではないでしょうか。2位は「沖縄県」。亜熱帯気候で比較的過ごしやすく穏やかな南国の島、沖縄は時間の流れも穏やかな感じがします。しかしその差は5票なので、僅差といっていいでしょう。都会の利便性と田舎暮らしの穏やかさ、拮抗していいます。

 続いて3位は「北海道」。気候としては沖縄と正反対かもしれません。しかし、広大な大地に豊かな自然の恵みは魅力的です。また食の豊かさは他の地域に類を見ないものがあります。大自然の魅力という点では、沖縄とも共通するものがありそうです。4位・5位は、それぞれ神奈川県・千葉県と、都市部を持つ都道府県が続きます。やはり生活の利便性を考えれば、都会から離れないほうがいいという判断かもしれません。

住み続けたいランキングでの1位は「北海道」

 少し違った角度から見てみましょう。ブランド総合研究所が行った「都道府県『定住意欲度』ランキング」を参考にします。調査対象は1万5925人(一部を除き各都道府県から約340人)。調査時期は2019年7月です。住民に対して、「今後も住み続けたいと思うか」と聞いたものです。回答は「ぜひ住み続けたい」=100点、「できれば住み続けたい」=75点、「どちらでもない」=50点、「機会があれば他県に移住したい」=25点、「すぐにでも他県に移住したい」=0点の5段階から1つを選択。この結果をもとに平均の数値を出したものでランキングを出しています。トップ5は以下の通りです。

1位 北海道 84.2点
2位 福岡県 80.6点
3位 大阪府 78.3点
4位 沖縄県 78.0点
5位 神奈川県 77.8点

 1位は北海道となりました。北海道在住の30代から60代では「ぜひ住み続けたい」=100点とした回答の割合が全国1位という好成績です。2位の福岡県は「すぐにでも他県に移住したい」=0点と答えた人が全国で最も少なかったとのこと。ちなみに「老後に住みたい都道府県ランキング」トップ5に入っていてここに入っていない東京都は9位、千葉県は25位です。

 逆にこちらのランキングで2位の福岡県は「老後に住みたい都道府県ランキング」では6位、3位の大阪府は7位です。大きく見て「老後に住みたい都道府県」は、現在住んでいる人の「定住意欲度」も高いと言っていいようです。つまり、これらの都道府県は、単に外からみたブランド力だけではなく、実際に住んでいる人の生活のしやすさといった視点でも、魅力的なのかもしれません。

老後資金から考えると「田舎暮らし」かもしれない

 少しまえに老後2000万円という話が話題になりました。実際のところ老後は毎月いくら確保するべきなのでしょうか。全国銀行協会のサイトに試算をみつけました。これによると、世帯主が60歳以上の夫婦世帯が毎月必要な額は、税・社会保険料など非消費支出まで含めて26万4,707円(総務省統計局の2018年「家計調査報告」)。これに対して収入は、公的年金などの社会保障給付にその他収入を加えて22万2,834円。つまり、おおよそ毎月5万円の赤字です。単純計算すれば1年で60万円、10年で600万円。90歳まで生きるとすれば、30年で1800万円ということになります。

 この不足分を補うには、生涯現役として働き続ける、投資資金でやりくりするなどいくつか考えられるとは思います。ただし、より現実的で無理のない方法は、ある程度生活費を抑えることではないでしょうか。こう考えると、家賃などの物価の高い都会で老後を過ごすには、やや厳しい側面がある気もします。「老後の生活も都会で」との希望も多いようですが、経済の面から考えるとそう簡単ではないとは言えるかもしれません。

<参考サイト>
・老後に住みたい都道府県ランキング 1位から10位
https://ranking.goo.ne.jp/column/6340/ranking/52245/
・住み続けたい都道府県ランキング2019【完全版】|DIAMOND online
https://diamond.jp/articles/-/224056
・Q. 老後資金は一体いくらあれば安心……?|一般社団法人全国銀行協会
https://www.zenginkyo.or.jp/article/life/retirement/4385/

あわせて読みたい