10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.04.19

「変なホテル」の最新ロボット掃除機「ルンバ980」の実力

 受付をロボットに任せるという話題のホテル、ハウステンボス「変なホテル」が、先月(3月)に第2期棟(72室)をオープンさせました。このホテルには、受付のほかにも最先端のロボット従業員がいます。それが、昨年10月、米iRobot社がフラッグシップモデルとして発表したロボット掃除機「ルンバ980」です。

かしこい機能「バーチャルウォールモード」とは?

 ルンバといえば、2002年の初代機以降、ロボット掃除機というジャンルを切り開いた先進的な掃除機。本体に埋めこまれたカメラが前方をとらえて状況を把握、ベッドの下など10センチメートル以上のすき間があれば、もぐり込んでお掃除します。

 この「もぐり込む」という機能がなかなかのすぐれもの。ベッドの下などは、人間がやれば手間と労力がかかる場所です。底面には、ブラシの代わりに髪の毛などがからみにくい「エアロフォース・エクストラクター」を搭載、やわらかい素材でできた2本のローラーが内側に向けて回転して、床面のゴミを「引っこ抜く」ような動きをします。

 かしこい機能に「バーチャルウォールモード」があります。設定すると、置いた場所から一方向におよそ3メートルの仮想的な壁がつくられます。つまり、部屋の出入り口にセットすれば、ルンバはその部屋から勝手に出ていくことはありません。

シリーズで初めてWi-Fiを内蔵

 さらに特質すべき点として、この「ルンバ980」、シリーズで初めてWi-Fiを内蔵しているのです。専用アプリ「iRobot HOME」(Andoroid/iOS)をインストールしたスマートフォンなどをつかって、操作したりスケジュール機能をつかったり、各種掃除モードを設定したりできるのです。

 また、効率性にもすぐれ、いわゆる「一筆書き」のように動きます。つまり、特別な設定をしなければ、基本的に同じ場所を2回掃除することはないのです。これにより、大変効率的に掃除することができるようになりました。最大稼働面積は、ルンバ800シリーズが最大25畳であるのに対して、「ルンバ980」は最大で112畳(185平方メートル)に達しています。このことから、家庭用にとどまらず、ホテルや施設など広い空間での活躍が期待されているのです。

ルンバがホテルやお寺で大活躍!

 その一例が、先述した、ハウステンボス「変なホテル」でロボット清掃員として活躍する「ルンバ980」です。また、「ルンバ980」が出る以前のことですが、2015年春ごろ、「お寺でルンバが活躍している」というツイートが話題になりました。さらに、福祉施設でもルンバが導入されているという事例もあります。

 これらは、「施設は清潔にしておきたいけれど、空間が広くて人手が足りない」といったことに、ルンバが適しているといえるでしょう。

 ということで、数多くの高機能を持つ「ルンバ980」を紹介しました。どうです、みなさん、このスマート家電に未来が詰まっている感じがして、ワクワクしてきませんか?

<参考サイト>
・アイロボット ルンバ 980| iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/roomba/980/
・Gooニュース:いまトピ2015年04月07日(「聖☆おにいさん」のネタが実在…お寺のルンバが話題に)
http://news.goo.ne.jp/article/imatopi/trend/imatopi-20150407193308875.html
・ITmedia LifeStyle:あのハウステンボスのホテルに:「ルンバ980」、「変なホテル」の清掃員になる
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1601/19/news109.html
(10MTV編集部)

あわせて読みたい