10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.12.01

利息・利子・利回り・利率の違いって?

 銀行や金融機関で使われる「利息」「利子」「利回り」「利率」。同じような言葉ですが、これらに違いはあるのでしょうか。使い分けが必要な場面はあるのでしょうか。

利息は払う側、利子はもらう側の呼び方?

 利息や利子はお金を預けたり運用したりする時にも気になりますが、最も気になるのは貸し借りの時ではないでしょうか。

 もともとは貸し手が受け取る一定額の報酬についての取り決めが「利息」、借りた方が貸し手に支払う金額が「利子」と呼ばれていました。しかし、実際にはまぜこぜに使われています。

 銀行などでは、自社が定期預金などにつけるお金を「利子」、ローンなどで受け取るお金を「利息」と呼んでいます。預金者側からは、もらう方が「利子」、払う方が「利息」になります。

 それほど気にして使い分ける必要はありませんが、「利子」も「利息」も金額を表すものという点が共通しています。

金利、利率、利回りはレートに使う

 金利や利率、利回りという言葉は、「利子」・「利息」を計算するためのレート(割合)です。こちらは通常%で表示されます。

 例えば、100万円の定期預金を年利(1年あたりの利率)0.1パーセントで預けておくと、「利子」・「利息」は1000円、金利・利率・利回りは0.1パーセントということになります。

 ゆうちょ銀行だけは「貯金」という言い方が慣例的に使われていますが、預金と意味は同じ。ちなみにゆうちょ銀行の定期貯金の利率は、2016年3月以降、ひと月以上5年まで変わらず0.01パーセントとなっています。預けている側にとっては、通常貯金と変わらない「利子」となります。

金利、利率、利回りの違い

 金利や利率、利回りは、特に前置きがない場合は1年あたりの金利である「年利」を指しています。1カ月単位では「月利」、1日当たりでは「日歩(ひぶ)」と呼びます。特に日歩は証券会社などでお金を運用する時によく使われる言葉です。

 金利と利率の違いは、ありません。どちらも「1年に発生する利子の元本に対する割合」を指します。

 「利回り」だけは少し違います。金利や利率は1年間同じ割合を指していますが、利回りでは「特定の運用に対する収益を1年当たりに換算したもの」となるのです。

 どういうことかというと、金融市場では「半年複利」「1カ月複利」など、さまざまな運用のケースがあるからです。

 元本100万円に対して、半年複利で2パーセントの運用がされた場合、

半年目:1,000,000×1.02=1,020,000円
1年目:1,020,000×1.02=1,040,400円

となります。この場合の利回りは2パーセントではなく、4.04パーセントとなります。

 このように、「利息」が「利息」を生むことを複利と呼びます。資産運用や投資の場合、より実態に即しているのは金利より「利回り」ということになります。金融商品を比較するときは、金利と利率、利回りの違いはしっかり把握して見比べるのがよいでしょう。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい