テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

カントと『論語』の対立を超えたところで正しさを議論する

哲学から考える日本の課題(6)正しさの基準

情報・テキスト
イマヌエル・カント
特定の物事が「正しい」ものだったかどうかを判断するためには、その行為への評価にとどまらず、より広いコンテクスト(文脈)から考えなければならない。つまり、文脈によって「正しさ」の内容は変わるものである。(2019年10月26日開催・テンミニッツTV講演会「西洋哲学と東洋哲学から考える日本の課題」より全11話中第6話)
※司会者:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:06:29
収録日:2019/10/26
追加日:2020/03/16
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●正義の内実を本質的な問題から考える


―― 少し角度を変えてご質問したいと思います。「正しい」ということが人に結びつく場合、立場によってはあえて「正しくない」ことをしなければならない可能性もあるのではないでしょうか。

 例えば、政治家や外交官のようなタイプであれば、マキャヴェリではないですが、賄賂を渡してさえ資源を取らなければいけないかもしれませんし、多少ブラフ的なことをかませて、相手とうまく渡り合わなければいけないかもしれません。ただし、それが「正しい」かどうかについては、どう考えればいいのでしょうか。さらに、それが人のことである場合、各行為について、どう見ればいいのでしょうか。

納富 まさに今おっしゃったような問題において、「正しい」ということを具体的に考える場合、特に1個1個について抽象論で考察しなければならないと思います。1ついえるのは、個々の行為として取り出すと、「これは正しいか、正しくないか」といったような問題になってしまうということです。しかし実際には、もう少し文脈が大きいのです。

 つまり、「正しい」人が「正しい」ことをしているというあり方において、別に「目的が手段を正当化する」というようなつまらないことを言うつもりはないのですが、「全体」という意味での総体的な問題のなかで、大きい・小さいとか、重要である・重要でないとか、あるいはこれは外してはいけないよね、みたいな問題はたぶん決まってくると思うんです。

 「ここを外したら、やはり社会が社会として終わっちゃうよね」とか、政治でいえば、「ここはやはり外してはいけないよね」とか、人のあり方として「これはやっぱり絶対、踏み止まらなくてはいけないよね」というような議論のなかで出てくる正義の話と、もう少し小さな問題(「小さな」といっては失礼ですけれども)を一緒くたにしてはならないということです。人間である以上、ちょっと失敗してしまったり、場合によっては必要悪のような問題もあります。それらを一緒くたにしてしまい、小さな失敗をしてしまっただけで「こいつは悪いことをしたんだから犯罪者」というように考える発想法自体は、「良い人」「良いあり方」という議論からすると、比較的避けられるのではないかという気がします。

 このように考えると、何が重要な問題かと見極めるのは非常に重要です。つまり、正義とはどのぐらい本質的に効いてくることなのかということです。例えば、ある政治家が何かポロっと言った際、そのことを、少し偏った見方を普段からしていたから出てしまった、単なる失言、つまり許される程度の問題として捉えるのか、それとも、その人の政治家としての資質に関わるような問題として捉えるのかは、その発言だけでは判断できません。そのため、どちらも「こんなことを言ったからダメだ」とされる話ではないと思うのです。具体的にいろいろと考える余地はありますが、一応そのように考えています。


●カントと『論語』の対立を超えたところで議論することが大事


―― この点について、中島先生はいかがですか?

中島 ある判断をする場合、そのときの状況に流されてしまうことがあります。それがまずいというケースも、当然ありますよね。例えば、豊かな感情を育てると言いつつ、自分の近しい人にだけ良くしてあげるのは良いことだろうかという疑問も、当然出てきます。古代中国は、それこそこうしたことをさんざん行ってきました。

 そのときに、納富さんが今おっしゃったような、問いが立っている場所のサイズ感、規模感がとても大事だと思います。どれも同じということではおそらくないでしょう。個々の行為が正しい・正しくないということと、その人のありようが正しい・正しくないというのは、やっぱり違うわけです。それを性急につなげ、あるサイズで1つミスをしたからといって、「この人は全然ダメだ」と見なすのは、少し極端ですよね。もちろん、ある行為が、その人のあり方を本質的に規定しているため、やはり「ダメなのだ」というケースも当然あります。そこはちゃんと腑分けし、判断する必要があると思います。

 例えば、『論語』には次のようなエピソードがあります。

 ある人が、「うちの村には正直者がいます」と言いました。父親がヒツジを盗んだことを、その息子がちゃんと告げ、父親を捕まえさせたからです。それに対して孔子は、「いや、うちの村の正直者は逆だ」と言います。父は子のために、子は父のために「隠す」というわけです。もちろん、このフレーズは、近代以降の、特にカント的な解釈のなかでは、全くダメなことです。だから、中国は遅れている、封建的だといわれるのです。その行為だけを字面で問えば確かにそうですよね。隠すのはおかしいということになりますが、本当にそうなのでしょうか。

...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。