テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

シンギュラリティ後の世界を見据え、古典の役割を問う

哲学から考える日本の課題(11)質疑応答編4:古典の役割

情報・テキスト
少子高齢化や人口減少、シンギュラリティへの到達など、日本社会が迎える新たな状況に際し、どう行動していったら良いか。あるいはそのために古典はどんな役割を果たすのか。そこでポイントとなるのは「想像力」で、それを培うというところに古典の素晴らしさがあると納富信留氏はいう。(2019年10月26日開催・テンミニッツTV講演会「西洋哲学と東洋哲学から考える日本の課題」より全11話中第11話)
※司会者:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:11:00
収録日:2019/10/26
追加日:2020/04/20
≪全文≫

●少子高齢化時代、健全な子育てができる安定した社会をつくるために


―― 次も、非常に重要な問題だと思います。

少子高齢化を先頭で進む日本には、世界に対して見本を示していかなければならないと思います。そんな時代に児童虐待の問題は、私たち個人、家庭や社会で力を合わせて取り組まなければならない課題だと思います。未来の財産である子どもたちを健全に育て、安定した日本社会をつくるためには、どう行動していったら良いか、お知恵を拝借したいと思います」

 かなり具体的なご質問です。いかがしょうか。

中島 例えば20世紀後半には、ポストモダンというものが議論されました。私はこれを非常に面白いと思っていたのですが、その受け止められ方のなかには、強力な相対主義がありました。要するに、何でもありです。ポストモダン哲学とは、結局何についても「あなたのおっしゃることも、もっともだ、もっともだ」というような相対主義になってしまったのではないかという批判です。

 そのときに児童虐待の問題も結構効いてくると思います。例えば、ある人が「私はね、児童虐待は正しいと思います」と主張する。それに対して、皆さんはそれで良いだろうと言えますか。私はそんなことは言えないと思うんです。そんなバカなことは、いくら相対主義だといっても、あり得ないと思います。

 この感覚が、ある種の普遍に向かっていくためのきっかけになると思っているんです。やはり児童虐待はまずいだろうと私は思うし、多くの人がそう思うだろうと、素朴に感じます。それをあまり、言葉の力でどうこうしないほうが良いだろうとさえ思っています。


●子どものための新しい学問共同体の必要


中島 その上で、重要なのは子どもに対するアプローチです。これは丁寧なものにしたほうが良いと思います。今回の講演会での議論でも出てきましたが、1人1人の子どもが持っているもの、あるいは持っていないものでも良いと思いますが、それを花開かせていく、そうした仕組みづくりをしてあげないといけないと思うんです。これこそが、まさに学問です。「学んで問う」ところまでサポートしてあげる、その仕組みが、絶対に大事だと思います。

 学校で先生が言っていることがまったく分からないという子どももいます。教科書を読んでも難しくて分からないという子どもは、実はかなりいるといいます。そうした子どもたちは、私たちの世代であれば校内暴力で、ガンガン暴れていました。対して、今の子どもたちは、そんなこともしません。ただ座って、授業時間が50分なら50分過ぎ去るのをじっと待っているんです。これでは、その人を花開かせることにはならないでしょう。

 そうではなく、その人が花開くようなあり方が何かあるのではないか。それは、先生がその情報を知識として与えられるということではおそらくないでしょう。そうではなく、ある種の学問共同体というもののなかで「勇気を持って何かを問うても構わない」ということを子どもたちに伝えてあげないといけないんじゃないか。そういうことがあれば、ただ学ぶのではなく、社会に関わっていこう、関与していこうという気持ちが出てくると思うんです。そうした環境づくりがもう少しあると良いのかなと、私は思います。


●世代の問題を深刻に受け止める


納富 私も、もちろん基本的には同じ意見なのですが、世代の問題を、もう少し考えなくてはいけないと思っています。個々の家庭の、あるいは特定の子どもという問題もあるとは思いますが、これは、私たちが次の世代やその次の世代について、どのように考えていくか、その考えをきちっと示さないと、おそらく行き詰ってしまうと思うんです。

 つまり、今の子どもたちに「自分たちは見捨てられた世代だ」「老後に年金も支給されない」「環境も悪くなっている」「そもそも貧困だ」ということをメッセージとして現時点においてすでに発してしまっているとすると、しかも例えば地球温暖化であと30年後にはもう地球には住めなくなってしまうというようなことは、子どもとしては個別の虐待というレベルではなく、それはもう集団虐待のようなものです。

 そうした発想を、少なくとも大人は今どこまで持っているでしょうか。2019年9月、国連でグレタ・トゥーンベリさん(スウェーデンの環境活動家)がスピーチした時、政治家は「甘い」などと批判しました。大人は、基本的にはそうした発想であまり考えていません。若い世代のなかには、こうした問題を積極的に発信している人もいます。私たちはそれを受け止めて、真剣に考えなくてはいけないと思います。

 つまり、貧困や環境の問題、あるいは日本の場合、原発の問題もあります。こうしたものを含め、私たちには次の世代、その次の世代に対して責任があります。私たちで終わり、自分は楽し...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。