テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.09.11

「カッコいい」50代男性の特徴とは?

 「イケメン」と呼ぶには年を取っていても、所謂「イケオジ」と言われるカッコいい50代男性もいます。還暦や定年も見えて来る年齢ですが、50代男性が主人公となるドラマ等も多く製作され、若い男性には出せない渋さや円熟味などに夢中になる女性も多いよう。しかし、50代で「かっこいい」と周りに言わせる男性は、そう多いわけではありません。太ってしまったり、くたびれてしまったり、かっこよさをキープするのはなかなか大変なはず。

 そこで今回は、カッコいいと思われている50代男性の特徴をアンケートし分析。内面、外見、どんな50代男性がカッコいいのかを調査しました。

まずは「カッコいいと思う50代の男性俳優」でイメトレ

 2019年現在、50代の人は1959~1969年生まれにあたります。まずはその年代で、皆さんが「カッコいい」というイメージを持っている俳優さんをアンケートしてみたところ、上位5人は以下の結果になりました。

中村トオルさん、豊川悦司さん、阿部寛さん、渡辺謙さん、佐藤浩市さん

 どなたも若い時から男前ですが、その頃のカッコ良さを大きく崩すことなく、さらには若い時には出せなかった風格や渋味が加わっているのがポイントです。年齢を経て新しい分野やイメージチェンジで成功して演技や活躍の場を広げた方もいますし、枯れた色気や貫禄など年を取ることでしか出せない落ち着きや余裕を持ち味としている方も。外見だけでは一般50代男性になかなかこのレベルを求めるのは難しいですが、いい年の取り方を参考に意識してみるのも良いのでは?

あなたの周りの「カッコいい50代男性」の特徴は?

 芸能人を参考にするのは難しい、という方には、今回のアンケートから多く集まったイケてる50代男性の特徴を5つご紹介。男性から見ても女性から見ても「カッコいい」と思うポイントが分かるように、男女両方の声をピックアップしました。

1)知識や経験を活かせる人
・相談をするといつも必ずヒントをくれる上司。経験値が高く抽き出しが多いので、どんな時も答えにつまることなくアドバイスをくれ、カッコいいなと思う。(35歳・男性)
・転勤や出張で日本中を飛び回っていた父は、その経験を活かして50代で旅行会社を立ち上げた。土地への知識量もさることながら、何でも自分の血や肉にするところがカッコいいなと思っている。(27歳・女性)

2)好奇心を失っていない
・いつも同じ居酒屋、みたいな退屈なオジサンが多い中「新しくできたあそこに行ってみよう」とか「国産ワインを飲めるお店知らない?」と、新規開拓を厭わない元上司。面倒くさがらない姿勢もカッコいいです。(38歳・女性)
・分からないことや知らないことがあると躊躇わず「教えて」と聞いて来る先輩。教えたつもりがいつの間にか自分より詳しくなっていたりして尊敬。(40歳・男性)

3)責任感があり、懐が深い
・「俺が責任取るから思うようにやれ」と言ってくれる上司。決して梯子を外さないし信頼している。いつか自分もそんなことを言えるカッコいい50代になりたい。(34歳・男性)
・仲間内で四六時中トラブルを起こす女性がいて皆に嫌われていますが、そんな女性を見捨てずなだめてコントロールし、グループを円満にしてくれる年上の男友達。(44歳・女性)

4)似合うファッションを知っている
・ゴルフの時「いかにもゴルフブランドのコーディネートをそのまま着ています」ではなく、さりげなく手袋やキャップ、ベルトなどに小技が光るオリジナリティのある人。(33歳・女性)
・特別目立つファッションという訳でもないけれど、スーツやコート、靴など、上質なものをさらりと身に付けている役員。高級なものを普通に着こなせるオジサンはカッコいい。(45歳・男性)

5)姿勢が良く、筋肉を感じさせる体型
・50代でも、背筋が伸びていて筋肉質な男性は、若々しく見えるだけでなく自信もあるように見えてカッコいい。(29歳・女性)
・ガリガリで白髪だらけな一見貧相な上司ですが、姿勢だけはいいので疲れて見えない。長年剣道をやっているようで、歩く姿がカッコいいんですよね。(36歳・男性)

 いかがでしたか?中身で言えば、港区オジサンのようにチャラチャラはしていないけれど、好奇心や未来への興味を持ち続ける姿勢が大切なのかもしれません。また外見で言えば、単にオシャレだということよりも、自分を分かっていて体型や健康を律する気持ちがあるかどうかという点が「カッコいい」のポイントのようです。

 そして、やはり50代男性と一番多く接する場は職場やビジネスの場でもありますから、「こんな50代になりたい」と尊敬されるような部下への接し方や仕事への責任感が、50代男性の「カッコいい」を生む主戦場なのではないでしょうか。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
2

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。ウクライナと中東では戦争と紛争が続いており、一部の専制国家では自由な言論ができない社会で市民は暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺的なジョークが生まれ...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
3

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
4

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
5

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長