10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

19世紀の世界はどのような情勢だったのか

明治維新とは~新たな史観の試み(4)19世紀の世界情勢

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長
情報・テキスト
明治維新について考えるためには、その前提となる19世紀の世界情勢を理解する必要がある。公立大学法人首都大学東京理事長の島田晴雄氏によれば、欧米列強は帝国主義によってアジアを侵攻し、植民地を増やしていったが、ペリー来航は、日本がその波の中に立たされた瞬間であったという。(全17話中第4話)
時間:15:13
収録日:2018/07/18
追加日:2018/10/25
タグ:
≪全文≫

●産業革命と欧米列強のアジア進出


 ペリーが来航した19世紀において、世界はどのような情勢だったのでしょうか。次にこれを考えてみたいと思います。

 19世紀は、まさに帝国主義が牙をむいた時期でした。18世紀の後半からイギリスを中心とした欧米諸国産業革命が起き、工業力や国力が強くなっていきます。この国力を使い、欧米諸国はアジアに進出していきました。

 最初に犠牲になったのはビルマでした。ビルマはイギリスと3度戦争をします。1回目が1824年~26年、2回目が約30年後の1852~53年、3回目がさらに30年後の1885年~86年です。この結果、アランバヤー王朝はイギリスに徹底的にやられ、イギリス領インドに併合されました。ビルマは立派な国でしたが、完全に植民地になったのです。

 また19世紀にはアヘン戦争も起きています(1840年~42年)。このアヘン戦争により、中国はかなり崩壊したため、民衆は困り果て、太平天国の乱に参加していきます。さらにその後、イギリスは中国に難癖を付けてアロー号事件を起こします(1856年~60年)。これにより、イギリスは多くの利権を奪いました。

 他方で西洋では、クリミア戦争が起こり(1853年~56年)、英仏とロシアの争いの影響がさまざまな地域に及びました。インドでもセポイの乱(1857年~59年)が起きています。1861年から65年まで行われた南北戦争も、日本の明治維新に深い影響を与えました。

 これらの史実については、中学・高校のときに習われたかと思いますが、簡単に復習しておきたいと思います。


●アヘン戦争


 まず、アヘン戦争についてです。これはペリー来航の11年ほど前、1840年から42年に起こりました。イギリスは19世紀前半に、密貿易で清国にアヘンを売り付けることで巨利を得ました。中国はアヘンを禁止しているのですが、難癖を付けられて攻め立てられ、結局1842年に南京条約を締結させられるのです。南京条約により、中国政府の貿易独占が廃止され、自由貿易となりました。広東、福建、浙江、福州、上海が自由貿易港になったのです。それに加え、イギリスに多額の賠償金を払い、香港を割譲しました。さらにその翌年(1843年)、追加条約が結ばれ、その内容は治外法権、関税自主権放棄、最恵国待遇の承認というものでした。

 これとほとんど同じ条件でアメリカ、フランスも同様の条約を結びます。これで中国はボロボロにされてしまうのです。この時に初めてイギリスの暴威を感じた中国のエリートは、国際情報を集約するために前述の『海国図志』という国際情報集を作りました。


●米墨戦争


 前回『アラモの砦』のお話をしましたが、1846年から48年には米墨戦争(アメリカ・メキシコ戦争)がありました。先ほど述べた通り、ベラクルス港の上陸作戦でアメリカはカリフォルニアを確保し、1847年の1月13日に調印されたカフエンガ条約で領有します。それからさらに、1848年2月にはグアダルーペ・イダルゴ条約を結び、カリフォルニアだけでなくネバダ、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ、ワイオミング、コロラドの大半をテキサス同様に管理する権利を得ます。この結果、メキシコは国土の3分の1を消失するのです。このようなことを、アメリカは行っていました。


●セポイの反乱


 インドでは、セポイの反乱がありました。「セポイ」とは東インド会社に雇われた傭兵です。別名で「シパーヒー」ともいいます。この人々は、あまりにも東インド会社による搾取がひどいため反発し、大紛争を起こしました。

 象徴的なエピソードがあります。インドの政治家は、とかく白い絹の服を着ていますが、スーツを着ている人はあまりいません。証券取引所などに行くと、西洋風のスーツを着ている人も目にしますが、政治家はなるべく白いものを着ています。これは、マハトマ・ガンジーの時代以降よく見られるようになりました。

 ガンジーが写っている有名な写真がありますが、そこではガンジーは白い服を着て、紡ぎ車を回しています。これはイギリスの工場製品ではなく、インドの伝統的な方法で作られた織物であることを示しており、この白い布で作った服は、インドの独立を目指す象徴になりました。そのため、政治家は人気を得るためにこぞってこの白い布による服を着るようになりました。

 イギリスは産業革命を起こし、綿や絹織物を著しい生産性で産出し、世界的に展開しようとしました。しかし、インドの伝統的な職人たちは低賃金でも対抗し、負けませんでした。そこで東インド会社は、競争相手を消すため、インド東北部の州における織物職人を並べ、両手を出させ、手首を切り落としました。ガンジーはこれに明確に対抗し「これを忘れるな」というメッセージを込めて、いつもその職人たちが作った白い衣をまとっていました。それほど東インド会社はひどいことをした...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。