10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国がアメリカを追い抜けない3つの理由

国家の利益(11)世界の無秩序化と米中新冷戦

小原雅博
東京大学大学院 法学政治学研究科 教授
情報・テキスト
「国益」を中心に世界史を振り返ってきた本シリーズだが、今回は現在進行中の問題にフォーカスする。それは誰もが注目し、未来への指針と感じている「米中関係」である。ここでは米中の政治モデルの優劣、熾烈さを増す米中貿易戦争に続いて、リベラルな国際秩序の瓦解への憂慮が述べられていく。(全16話中第11話)
時間:15:31
収録日:2019/03/28
追加日:2019/07/28
ジャンル:
≪全文≫

●中国はアメリカを追い抜けるか?


 皆さん、こんにちは。今回は「世界の無秩序化と米中新冷戦」について、お話しをしましょう。

 流動化し、液状化し、無秩序化する世界はどこに向かうのでしょうか。その答えは、戦後世界を60年以上にわたってリードしてきたアメリカと、世界の頂点を目指す中国、この両大国の関係がどうなるかにかかってくると言って過言ではないでしょう。

 二一世紀の初めに世界のGDPの32パーセントを占め、中国の8倍の大きさを誇ったアメリカのGDPは、世界の24パーセント、中国の1・6倍にまで低下しました。購買力平価(PPP)ベースでは、すでに中国がアメリカを上回っています。

 経済台頭に伴う国防費の増大と軍事力の増強も顕著です。アメリカとの軍事技術のギャップは縮まっており、新しい戦争の主役となるサイバー・宇宙・電子などの分野での中国の追い上げはアメリカの脅威になっています。

 米中間のパワー・シフトは、かつてない規模と態様で進んでいるといえます。そこで、出て来る問いかけは、中国はアメリカをしのぐ超大国となるのか、という問いです。


●中国がアメリカに勝てない3つの理由


 その可能性はあります。しかし、そう答えるにはいくつかの留保が付きます。

 第一に、経済力はGDPの規模だけでは測れません。

 例えば、市場の大きさがあります。中国の市場も大きくなっていますが、依然としてアメリカが世界最大の輸入国であることは事実です。そして、埋蔵資源。シェール革命によってアメリカは今や世界最大の石油・ガス生産国です。そして、何といっても通貨・金融システムの力、アメリカのドルが世界の基軸通貨であるということです。そして、科学技術力。ここにはノーベル賞の数や知的所有権の保護状況も入ります。

 そして、経済力の軍事力への転化能力や経済成長に伴う社会的コストです。例えば、格差や環境破壊の問題なども考慮する必要があるのです。

 第二に、アメリカの軍事力の強さは、世界の海に展開する11の空母部隊や核戦力以上に、世界に張り巡らされた同盟網にあります。アメリカは、NATO(27カ国)、日本、豪州、韓国などの条約上の同盟国の他、イスラエルのような事実上の同盟国やインド、メキシコ、ブラジルなどのパートナー国を多数有し、世界の70以上の国や地域に600以上の基地(レーダー施設を含む)を維持しています。アメリカが唯一の超大国といわれる所以です。こうした同盟網を欠く中国やロシアは地域大国に止まっています。

 第三に、国家のパワーは、軍事力や経済力といったハード・パワーに限られません。アメリカは、情報の力(国際語の英語、世界的メディア、最先端のIT技術)、正義の力(自由や人権や法の支配といったリベラルな価値)、生命の力(先進的医療や豊かな自然環境)、そして、大学教育やハリウッド映画や人道援助等の「ソフト・パワー」で優位に立っています。


●米国のソフト・パワーと中国が抱える厳しい地政学リスク


 ハーバード大学のジョゼフ・ナイ教授は、ソフト・パワーとして、「民主主義、個人の自由、開放性を重視する価値観」などを挙げました。それは、独裁や専制に苦しむ人たちに希望を与え、自由や成功を求める人々を招き寄せ、アメリカを偉大な国家たらしめたのです。また、国民の質(移民の貢献)や地理・地政学(周辺の安全保障環境)などについても論じる必要があるでしょう。

 中国は内陸部で14の国家と国境を接し、その中には国境紛争を抱えるインドや新疆ウイグル自治区と宗教的につながる中央アジア諸国も含まれています。朝鮮戦争や中越戦争を経験したベトナムや北朝鮮との関係も複雑です。また、沿海部は経済的に世界とつながっていますが、安全保障上はアメリカの同盟国や友好国の連なる「第一列島線」と対峙しています。台湾海峡、東シナ海、南シナ海では、今後も対立と緊張が高まる恐れもあります。

 こうした中国の地政学リスクと対照的に、アメリカは地政学的に恵まれています。南北をメキシコとカナダという友好的で軍事力の小さな国家と国境を接するだけで、東西は太平洋と大西洋という天然の要害によって守られてきました。

 このようにアメリカは依然として唯一の超大国としてのパワーと条件を有しています。将来、中国がGDPという経済の量でアメリカを追い越すとしても、それが直ちにアメリカをしのぐ超大国となることまでは意味しないのです。中国は国内にさまざまな矛盾や問題も抱えています。それが中国の超大国化のアキレス腱となる可能性もあるのです。


●米中の政治モデルの優劣


 他方、アメリカにも弱点はあります。特に深刻なのは、本来アメリカの強みであるはずの民主主義が理想的な姿とはほど遠い状況にあることです。ポ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。