10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2015.12.22

「楽天」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」…即日配達でさらに激化するネットショッピング業界

 「可能な限り早く商品を配送し、即日で商品を届ける」というネット・ショッピングのサービスがいよいよ本格化している。業界での最大手である「楽天」、「Amazon」、「Yahoo!ショッピング」3社とも、規定の時間までに注文決済された商品をその日中に届くサービスを開始しており、利用したことがある人も多いのではないか。

 即日お届けサービスは、2007年に米国のシアトルというエリア限定でスタート。その「Amazon Fresh」から8年が経過しているだけに、業界的には「Amazon」が一歩リードしている。

 ネットニュースで話題となったドローンを活用した「Amazon Prime Air」という配送サービスは2.3kgまでの商品を30分以内に届けるという。いうまでもなく、米国の広大なエリアだからこそ望まれるサービスではあるが、日本国内の地方山間地などで有効なサービスになりそうだ。法整備もふくめた課題が多いので、特に日本国内での具体的なサービスインはまだ先になりそうだ。

 こうした配送の無人化に留まらず、「Amazon」は、自社で在庫を抱えていない「楽天」「Yahoo!ショッピング」に対して優位性をもつ。「Amazon」は、商品の管理・ピッキング・配送などの拠点となるフルフィルメントセンターが全国各地にあるため、即日配送対象商品が多く、配送可能エリアも広い。

 また、「Amazon」は日本の国内事情に適応させたサービスを開始した。コンビニエンスストアの大手チェーン「ファミリーマート」と提携し、「当日お急ぎ便」をファミリーマート店舗での受け取りに対応する。対象商品を注文すると、その日のうちに関東・関西・東海・九州地方を中心とした約7100店舗で受け取ることができるのだ。

 「Amazon」に対抗できるECとしては、やはりヨドバシ・ドット・コムが最有力となる。家電だけでなく食品や文具までをカバーする品揃えと、ログインすると登録情報に応じて、商品毎にいつ届くかが明解に表示される。2015年6月25日より、ネットと店舗のサービスをほぼ完全に統合し、「配達料金無料でご注文当日お届け」サービスは、日本全国人口カバー率は75.04%、翌日配達エリアを含めると日本全国人口カバー率は98.55%になるという。

 各社競い合う即日配送サービスではあるが、課題は明確で、なにより配送可能商品の種類数とエリアの拡大にある。近未来のドローン活用無人配送に期待しつつも、都市と地方の差がなくなるようなフルフィルメントセンターの設置からのエリアカバー率を望みたい。この課題がクリアされれば、少子高齢化が進む日本社会において、これまで以上にECを利用しようとする人は増えるに違いない。

(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事