10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
吉田正紀

吉田正紀

よしだまさのり

元海上自衛隊佐世保地方総監/一般社団法人日本戦略研究フォーラム政策提言委員
宮崎県出身
防衛大学校卒(23期)

1979. 3.18 海上自衛隊幹部候補生学校入校
1980. 3.20 同 上 修業(3等海尉任官、練習艦隊部隊実習)
1981. 1.10 護衛艦「やまぐも」乗組、以後、4隻の護衛艦で初級幹部
の配置(通信士、水雷士、機関士)を経験
1985. 1.19 海上自衛隊幹部候補生学校教育部航海船務科教官
1987. 3.23 海上自衛隊第一術科学校入校(中級水雷課程)
1988. 3.18 護衛艦「いそゆき」乗組(水雷長)、環太平洋合同演習
(冷戦最後のRIMPAC参加)
1989. 3.24 プログラム業務隊(艦艇ASWシステム開発担当)
1990.10. 3 米国留学(イージス・プログラム課程18ヶ月:NJ州)
1992. 4. 3 海上自衛隊幹部学校入校(指揮幕僚課程)
1993. 3.23 海幕人事教育部厚生課給与室員(艦艇担当)
1995. 3.24 護衛艦「さわゆき」砲雷長兼副長、平成8年度練習艦隊
主任指導官(環太平洋諸国歴訪、戦後初の韓国寄港)
1996. 9.30 護衛艦「いわせ」艦長
1997. 8.11 海幕防衛部防衛課防衛班先任班員(政策担当)
1998. 1. 1 1等海佐に昇任
(日米防衛協力の指針、周辺事態法策定主担、北朝鮮
テポドン発射・不審船事案海上警備行動等に対応)
1999. 9. 2 防衛研究所入所(修論「冷戦後の軍事力の意義・役割の
変化」、韓国・中国研修)
2000. 6.30 海幕人事教育部教育課学校班長、教育班長(「教育改
革」主担)
2002. 8. 1 第2護衛隊司令(日韓捜索救難訓練、北朝鮮ミサイル発
射警戒指揮官)
2003. 9. 1 海幕防衛部指揮通信課長(「C4Iルネッサンス」を主導)
2004. 9. 6 外務省外務研修所入所
2005. 6. 6 外務省出向、海将補に昇任兼ねて外務事務官(参事官)
2005. 6.15 在米日本大使館防衛駐在官(防衛班長)として着任
(日米再編協議、陸自イラク撤収、海自インド洋補給活動
中断・再開、イージスデータ漏えい事案等に対応)
2008. 8. 1 海幕指揮通信情報部長(米国、韓国との情報交換会議、
中国との防衛交流、北京・大連・上海出張、知識管理)
2010. 7.26 海上自衛隊幹部学校長、海将に昇任(幹部学校改革、
統合図演、海賊対処図演、東シナ海図演等大部隊運用
を指導、東日本大震災教訓収集、海軍大学セミナー、
米海大・韓国国防大等との交流)
2012. 3.30 佐世保地方総監(担当警備区内で、北朝鮮弾道ミサイル
発射、尖閣国有化以後の日中間の緊張状態への対応、
南西諸島作戦基盤の強化、隊員家族支援体制の構築)
2014. 3.28 退官

講義リスト

安倍政権下で国家安全保障戦略に56年ぶりに変化が!

わが国の安全保障の構造(1)その源流から下流まで

前・海上自衛隊佐世保地方総監である吉田正紀氏は、日本の安全保障の構造を川の流れに例え、今、その川の流れは長らく変化し得なかった源流から全体に向けて、大きく変容しつ...
収録日:2014/08/01
追加日:2014/12/01

国家安全保障の戦略策定における重要なこととは?

わが国の安全保障の構造(2)垂直・水平、二方向の展開

わが国初の国家安全保障戦略が昨年末に策定された。この戦略文書をもとに、日本の防衛計画が動いているのだ。海上自衛隊海将として日本の防衛に尽くしてきた吉田正紀氏が、戦...
収録日:2014/08/01
追加日:2014/12/08

海上自衛隊の活躍でソマリア沖の海賊被害は年々減少

安全保障最前線(1)戦略の視点で見るソマリア沖海賊対処活動

ソマリア沖の海賊行為に対する海上自衛隊の対処活動の成果は国際的にも評価が高く、近年海賊行為件数は減少している。それでも、海賊を根絶できないのはなぜなのか? 日本と...
収録日:2014/08/01
追加日:2015/02/14

北朝鮮からのミサイル防衛のため日本がやるべき3つのこと

安全保障最前線(2)北朝鮮問題を考える

これまで何度も弾道ミサイル発射を実施し、同時に核実験も進めてきた北朝鮮。それに対し、六者会合で対応してきたが、果たして北朝鮮の狙いはどこにあるのか。そして日本がと...
収録日:2014/08/01
追加日:2015/02/15

尖閣諸島問題で海上自衛隊が取っている対応とは?

安全保障最前線(3)中国の活発な海洋進出への対応(前編)

前海上自衛隊佐世保地方総監吉田正紀氏が語る、現場から見たわが国の安全保障最前線。今回は中国の海洋進出問題に焦点を当てる。アジア太平洋地域内のリスクとして、わが国の...
収録日:2014/08/01
追加日:2015/02/16

中国の海洋進出の目的を元海上自衛隊 海将が徹底解説

安全保障最前線(3)中国の活発な海洋進出への対応(後編)

前半では中国の海洋進出問題の現状を見たが、後半では解決への道を探っていく。中国の海洋進出の狙いを知り、日本の国際的な立場を分析していけば、進むべき道はおのずと浮か...
収録日:2014/08/01
追加日:2015/02/17

全てのイージス艦のミサイル迎撃能力があるわけではない

わが国の安全保障を考える~海上自衛隊の現状と今後~

今、「危機の安定化」という国際情勢の中、自衛隊が求められているものは、かつての冷戦期とは異なる。海上自衛隊はどんな活動を行っているのか。その現状と今後について解説...
収録日:2014/08/01
追加日:2015/02/18

国家安全保障戦略に基いて実施される「防衛法制」とは何か

わが国の防衛法制の変遷(1)冷戦期における安保体制

今、集団的自衛権行使容認に関わる憲法解釈見直しをはじめ、わが国の防衛構造は大本から変容しつつある。防衛法制はその時々の国内外の情勢に適応し、改正されることでわが国...
収録日:2014/09/24
追加日:2015/05/14

湾岸戦争での批判から日本もPKOに参加することに

わが国の防衛法制の変遷(2)冷戦後の不安定な平和の時代

ベルリンの壁崩壊とともに米ソ冷戦期は終結へ。しかし、それは「不安定な平和の時代」の訪れを意味し、わが国の防衛法制にも大きな影響をもたらした。その第一のきっかけは湾...
収録日:2014/09/24
追加日:2015/05/18

テポドンや不審船事案による脅威から有事法制成立の動きへ

わが国の防衛法制の変遷(3)北朝鮮危機から9.11へ

冷戦終結以後の日本の安全保障政策は、3段階で行われた。通常なら自国→周辺→世界へと広がっていくはずの防衛法制が、日本では、世界の国際秩序→周辺地域の安定→自国の安全確...
収録日:2014/09/24
追加日:2015/06/04

テロや海賊への再度の対処でスパイラルな変化に適応

わが国の防衛法制の変遷(4)特別措置法と自衛隊の活動

安倍政権が提起した集団的自衛権行使と憲法解釈の問題は、日本中で論議となっている。世界の枠組みと動きによって変遷してきた日本の安全保障。その根幹となったのが憲法とと...
収録日:2014/09/24
追加日:2015/06/04

2007年、中国高官が米国司令官に太平洋分割案を提示

安全保障のチャイナリスク対応(1)米中パワーの相克

2007年、中国海軍高官がアメリカのキーティング司令官に「中国とアメリカで太平洋を二分しよう」という分割案を持ちかけている。ここには一体どのような意図があったのか...
収録日:2014/12/01
追加日:2015/07/02

尖閣国有化以降、中国の「力による現状変更」に対応

安全保障のチャイナリスク対応(2)尖閣をめぐる緊張

尖閣諸島を巡る「軍事的な緊張状態」は現在もあると、前海上自衛隊佐世保地方総監・吉田正紀氏は言う。わが国の安全保障の最前線である現場の視点から吉田氏が尖閣諸島問題を...
収録日:2014/12/01
追加日:2015/07/02

海中資源ニーズが高まる中、中国は海洋権益の確保を目指す

安全保障のチャイナリスク対応(3)海洋進出の狙い

21世紀を海洋の世紀と位置付け、「海洋強国」を建設すべきだと盛んに提唱している中国。彼らは、アメリカとの全面対決が避けられない海の覇権へ向かうのだろうか。前海上自...
収録日:2014/12/01
追加日:2015/07/06

負けない体制をつくり、戦わない―不戦不敗

安全保障のチャイナリスク対応(4)日本が生き残る道

米中という大国のパワーシフトの下で、日本が生き残るための戦略はどのように立案すればよいのだろうか。前海上自衛隊佐世保地方総監・吉田正紀氏が、いま大きな転換点を迎え...
収録日:2014/12/01
追加日:2015/07/06

有事になったら、海上保安庁と自衛隊の関係はどうなるのか

安全保障のチャイナリスク対応(5)質疑応答

前海上自衛隊佐世保地方総監・吉田正紀氏の安全保障分野におけるチャイナリスクへの対応に関する講演が終了し、会場からの質疑応答となった。参加した経営者やビジネスマンは...
収録日:2014/12/01
追加日:2015/07/06

米国の安全保障上の懸念材料は中国ではない

ワシントン発、安全保障の未来像(1)ロシア脅威論

元海上自衛隊佐世保地方総監・吉田正紀氏は、ワシントンで過ごす中で、アメリカの脅威認識が日本にいた時のそれと大きく食い違っていると言う。現在のアメリカにとって、最も...
収録日:2015/11/11
追加日:2015/12/17

いまだ政変が起きず衝突が長期化する国を米国は最も懸念

ワシントン発、安全保障の未来像(2)中東政変を分析

ロシアと並んでアメリカにとっての大きな脅威は、中東情勢だ。元海上自衛隊佐世保地方総監・吉田正紀氏は、2011年に起こった中東政変の展開では、当該国指導者の在位年数...
収録日:2015/11/11
追加日:2015/12/21

中国の海洋進出を「覇権に対する挑戦」と受け止める米国

ワシントン発、安全保障の未来像(3)東アジア情勢

元海上自衛隊佐世保地方総監・吉田正紀氏が、アメリカが抱く東アジアの認識を解説する。アメリカにとって北朝鮮は、核保有だけでなく、その拡散が新たな懸念事項となっている...
収録日:2015/11/11
追加日:2015/12/24

対ロシア情勢認識はこの5年間でガラリと変化

ワシントン発、安全保障の未来像(4)米国の安全保障戦略

オバマ政権が出した安全保障戦略を分析すると、ここ5年でアメリカにとっての安全保障上の脅威は大きく変化したことが分かる。ロシアは明確な抑止対象になり、中東では包括的...
収録日:2015/11/11
追加日:2015/12/28

どっちつかずの関係こそが繁栄につながる?!

ワシントン発、安全保障の未来像(5)戦争と平和の間の道

アメリカ・中国・日本は、GDPの上位3位を占める経済大国であり、互いに武器を取って戦うべきではない。元海上自衛隊佐世保地方総監・吉田正紀氏は、たとえ居心地の悪さを...
収録日:2015/11/11
追加日:2015/12/31

マイクロターゲティングがトランプを勝利に導いた

トランプ政権とソーシャルメディア(1)選挙キャンペーン

アメリカの選挙では近年、ソーシャルメディア上で、マイクロターゲティングの手法を用いて、積極的に有権者に働きかける試みがなされている。元海上自衛隊佐世保地方総監で、...
収録日:2017/02/24
追加日:2017/08/11

ソーシャルメディアの負の側面を活用したトランプ陣営

トランプ政権とソーシャルメディア(2)負の側面の利用

政治経験がなく、誰にも期待されていなかったトランプ氏が、大統領選挙に勝利できた大きな要因は、ソーシャルメディア戦略にある。元海上自衛隊佐世保地方総監で、一般社団法...
収録日:2017/02/24
追加日:2017/08/18

近いテーマの講師の講義

他の講師一覧