10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルケル独首相の影響力低下とマクロン仏大統領の台頭

2019年激変する世界と日本の針路(7)独仏の政治的変化

島田晴雄
公立大学法人首都大学東京理事長/10MTVオピニオン副座長
情報・テキスト
ドイツではこれまで圧倒的な支持を集めていたメルケル首相の影響力が低下し、反メルケルの動きも出てきている。フランスでは既存勢力を排してマクロン大統領が台頭。こうした両国の政治の変化をどう捉えればいいのだろうか。(2019年1月28日開催島田塾会長講演「激変する世界と日本の針路」より、全14話中第7話)
時間:06:12
収録日:2019/01/28
追加日:2019/05/15
ジャンル:
≪全文≫

●メルケル首相は2017年、総選挙で敗れ、大連立を組んだ


 次はドイツについてです。島田村塾では2017年、2018年とドイツに行ったのですが、2017年当時、アンゲラ・メルケル首相は「移民を受け入れる」と言って、非常に人気を高まっていました。われわれがドイツに行った頃は(2017年)4月でしたが、メルケル神話というのか、メルケル氏が総選挙に出たら絶対勝つといった雰囲気があり、実際にそうだろうなと思っていました。

 ところが、(2017年)9月に行われた総選挙でどういうことになったかというと、政権党のCDU(ドイツキリスト教民主同盟)とCSU(キリスト教社会同盟、バイエルン州のみでCDUの姉妹政党)が大惨敗。AfD(Alternative für Deutschland、ドイツのための選択肢)という政党があるのですが、この党は右翼で移民反対ということで、大きく票を伸ばしました。CDU、CSUは与党で第1党だったのですが、両方合わせると得票率が33パーセントしかないという状態でした。

 得票率33パーセントでは政権をつくれません。20パーセントで第2党のSPD(社会民主党)という政党があるのですが、ここと組めば政権をつくれるため、「組んでください」とお願いしました。過去12年間ずっと組んでいたからです。そうしたら、オーラフ・ショルツという当時の党首に拒否されました。SPDの人は皆、嫌がっているのです。なぜなら、メルケル氏と組んで良いことが一つもなかったからです。

 メルケル氏はヨーロッパの代表のような人です。ドイツの寵児で、神話にもなりそうな人です。そんなメルケル氏が選挙に勝ったら、いいところは全部メルケル氏が持っていってしまう。それでは応援したSPDは出るところがない。ということで、これまでずっと損していた。今度組んだらSPDは消えてしまう、という恐怖感があり、断ったのです。

 仕方がないので、メルケル氏は、自由民主党という右翼の党と、緑の党(Die Grüne)という環境問題について唱えている左翼の党と交渉しましたが、合うわけがありません。失敗して帰ってきました。

 そうしたら、さすがに世界中から、「ドイツは決められないのか。立派な国のはずなのに何をやっているのか」と散々言われました。そこで、SPDのショルツ党首は12月になって、軟化してもいいが条件があるといったことを言い出しました。メルケル氏に全部持っていかれると、自分たちは存在感が全然出せない。つまり存在感を出したいということで、あれこれと条件を付けたのです。そして、それをショルツ氏が理解するだけでなく、一般党員が理解する必要があるということで、一般党員にも聞くことになったため、結局半年かかってようやく大連合ができました。


●反メルケル氏の動きも存在する


 ただし、大連合の政府の中には反メルケル派がずらずらといるのです。ですから、メルケル氏は舵取りができない状態です。それだけで終わるかと思ったら、終わりません。何が起きたかというと、2018年10月にバイエルン州議会選挙があったのですが、そこで大敗しました。バイエルン州にはミュンヘンがあります。メルケル氏のCDUと組んでいたCSUというキリスト教社会同盟の本拠地なのですが、そこで大敗してしまったのです。

 それから10日後にヘッセン州というところで、またCDUとCSUの大連合と組んでいたSPDが大敗しました。メルケル氏はその結果を受けて、10月末に「私は党首を下ります」と言いました。次の党首になったのはメルケル氏が目を掛けていた若い人で、アンネグレート・クランプ=カレンバウアー(ドイツではAKKといわれている)という女性です。ただ、この人はメルケル主義でやっているので、四方八方から批判されて、結構大変です。

 メルケル氏がオール・ヨーロッパを率いていたところがあるのですが、この1年でドイツはそのような状況に変わってしまいました。


●フランスでは既存勢力を排してマクロン氏が大統領に


 続いて、フランスについてです。大統領はエマニュエル・マクロン氏です。フランスは、もともとルペン氏の国民戦線という超右翼の政党が、EUなど出ればいいのだということをずっと唱えていて非常に関心を呼んでいたのですが、選挙をやってみてとんでもないことが分かりました。

 フランスは、共和党と社会党の2つの政党が3分の2ほどを占めていて、日本でいうと昔の自民党と民主党のようなものです。これが伝統的な党としてやってきたのですが、この2つも惨敗しました。そこで新しいところが出てきました。何かというと、極左のジャンリュック・メランション率いる政党(左翼党)です。それからルペン氏の国民戦線。また、もう一つ全く存在しなかった党で、マクロン氏の「アン・マルシュ!(前進!)」が出てきました。そのため、フランスでは既成勢力が衰退しました。

 それに皆、驚いたのですが、ル...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。