テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

病気を予防するためにするべきこと

クスリのいらない健康法(13)病は「冷え」から

石原結實
医学博士/グルジア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会員
情報・テキスト
現代社会で病気が増えているのは、運動不足と水分の取り過ぎで、体が冷えたからだ。医師・石原結實氏は、この「冷え」こそが、代謝と免疫機能を低下させ、様々な病気を引き起こすことを強調する。病気になったときの諸症状は、体内の余分な水分を出し、体を温めるための生理反応なのだ。
時間:09:37
収録日:2015/06/14
追加日:2015/12/14
≪全文≫

●病気を予防する① 動物性脂肪の取り過ぎを控える


皆さん、病気の予防はどうしたらいいでしょうか。まず今の欧米型のあらゆる病気の予防です。動物性脂肪の取り過ぎを控えることです。動物性脂肪は、常温で固体ですから、体に入ると固まろうとします。だから血栓をつくりやすい。動物性脂肪、コレステロールから女性ホルモンと男性ホルモンができます。女性ホルモン過剰で、乳がん、卵巣がん、子宮体がん、男性ホルモン過剰で前立腺がんになるのです。

 図表9を見てください。100グラム中、ベーコンは69グラム、右下を見て、その他ラード99.8グラム、バター82グラム、マヨネーズ70グラムです。こういった物を食べるのは少しにしてください。肉の中で一番脂肪が少ないのは羊で、8グラムです。肉の中では、羊が一番良いです。

 次に、魚、魚介類、植物油です。魚というのは冷たいでしょう。あの冷たい体の中で溶けていた油が、私たちの温かい体に入るともっと溶けます。だから魚の油、EPA、DHAは血栓を溶かし、血圧を下げます。魚介類、例えばえび、かに、いか、たこ、貝、牡蠣(かき)です。これらはコレステロールが多いといわれていましたが、大うそです。約40年前の1977年に、大阪大学の内科の教授である山村雄一先生が、比色法から酵素法で魚介類のコレステロールを計ったら、ほとんど入っていないということでした。実は、構造試験で取るシトステロールやベーターブラシカステロールという物質をコレステロールとして誤って計っていたのですね。

 また魚介類には、コレステロールがほとんどない上に、タウリンというアミノ酸が入っています。これが、コレステロールを下げる、中性脂肪を下げる、血圧を下げる、胆石を溶かす、肝臓を強くする、不整脈をとる、心臓の働きを良くする、がんの転移を防ぐ、視力を強くする、糖尿病を予防するなど、まさに結構毛だらけ猫灰だらけ、そういう食べ物です。皆さん、魚介類をしっかり食べてください。

 植物油も良いです。特に地中海地方の100歳以上のおじいちゃん、おばあちゃん、例えばシチリアといった地域のおじいちゃん、おばあちゃんたちが長生きする一番の原因は、植物油、オリーブ油だそうです。


●病気を予防する② 食物繊維の多い食べ物を食べる


 次に、食物繊維の多い食べ物です。食物繊維は、人間の腸の中で分解も消化もされないので、そのままお通じで出てきます。だから、「消化していないな」とがっかりする必要はありません。腸の中でだぶついていて、血液に吸収され過ぎると困るようなコレステロール、中性脂肪、糖、ダイオキシン、発がん物質、残留農薬といった悪い物を、食物繊維は全部絡め取ってお通じで捨ててくれるのです。だから食物繊維をしっかり取ると、少々悪い物を食べても出てきます。

 図表10を見てください。食物繊維が多い順にひじき、昆布、胚芽、粟、大豆、小豆、ゴマ、納豆、ごぼう、玄米です。ごぼうは繊維だらけみたいですが、100グラム中1.5グラムです。皆さんは、海藻を毎日食べてください。ワカメの味噌汁、ひじきの炒め物を食べると、少々悪い物を食べても、出てきます。



●病気を予防する③ 適量のお酒を飲む


 お酒を飲む人は、しっかり飲んでください。酒と女房は2合までといいますので、2合までですよ。日本酒だったら2合、ウイスキーダブルで3杯、ビール大びん2本、ワイングラス2、3杯、焼酎は3、4杯を飲むと、動脈硬化を予防する善玉のHDLコレステロールが肝臓でいっぱいできます。それから、お酒を飲むと、血管の内側の内皮細胞からウロキナーゼという血栓を溶かす物質が出てくるのです。だから、酒を飲む人と飲まない人を単純に比べると、飲まない人の方が脳梗塞、心筋梗塞が多いそうです。

 また、酒は百薬の長といいますから、酒を飲む人には元気な人が多いのです。横山大観(日本画家)は、毎日たばこを100本吸い、酒2升飲んで、90歳まで生きました。梅原龍三郎(洋画家)という人がいたでしょう。あの人はお父さんが酒好きで、お酒を飲むときに4歳だった龍三郎を呼んでいたというのです。「おい、ちょっと龍三郎来てみろ。ちょっと飲んでみろ」と。それで龍三郎が飲んだら、「うめえ」と言ったそうです。そうして、龍三郎さんは4歳から98歳まで生きたそうです。酒は百薬の長です。おいしい酒が、一番自分の体に良いのです。それを飲んでください。百薬の長ですよ。120歳まで生きた泉重千代さんは、毎日黒糖酒を飲んでいたといいます。


●日本人の体温が下がっている


 それから、芸術家や画家は長生きする人が多いでしょう。あの人たちは、食べる物はめちゃくちゃ、生活もめちゃくちゃな人が多いのです。それでも長生きする。どうしてかというと、あれを作ろう、あれを...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。