10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン

異文化理解

(全19件)

浜松市の「外国人受け入れ」の経験をぜひ活用してほしい

浜松市の多文化共生の取り組み(6)世界発信と国への提言

収録日:2016/11/17
追加日:2017/02/01
鈴木康友
浜松市長

浜松市の外国人は約2万人、定住化の中で活躍する第2世代

浜松市の多文化共生の取り組み(5)共生の時代と浜松宣言

収録日:2016/11/17
追加日:2017/01/25
鈴木康友
浜松市長

浜松市の提唱で「外国人集住都市会議」が2001年に設立!

浜松市の多文化共生の取り組み(4)外国人集住都市会議

収録日:2016/11/17
追加日:2017/01/22
鈴木康友
浜松市長

浜松市では100以上の外国人コミュニティや市民団体が活動

浜松市の多文化共生の取り組み(3)市民団体の活躍

収録日:2016/11/17
追加日:2017/01/18
鈴木康友
浜松市長

浜松市で進む外国人の子どもの「不就学ゼロ作戦」とは?

浜松市の多文化共生の取り組み(2)外国人住民の問題

収録日:2016/11/17
追加日:2016/12/29
鈴木康友
浜松市長

浜松市は多文化共生の取り組みを全国に先駆けて進めてきた

浜松市の多文化共生の取り組み(1)外国人集住都市

収録日:2016/11/17
追加日:2016/12/22
鈴木康友
浜松市長

アメリカ海軍の意思決定プロセスに学ぶ

意思決定プロセスに見る日米比較

収録日:2015/06/15
追加日:2015/10/15
山下万喜
海上自衛隊自衛艦隊司令官

時代に対応したイノベーションを生み出していく必要がある

「デザインド・イン・ジャパン」の未来へ

収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/23
齋藤ウィリアム浩幸
株式会社インテカー代表取締役社長 /内閣府本府参与

かつて持っていた日本人の気質を取り戻そう

80年代日本のリマインダー

収録日:2015/02/19
追加日:2015/07/09
齋藤ウィリアム浩幸
株式会社インテカー代表取締役社長 /内閣府本府参与

論理に勝るのは「空気」!? 知っておくべき日本の特殊性

TOTOの北九州発グローバル戦略(2)実は海外でも稼ぐTOTOの「けじめ」

収録日:2014/09/18
追加日:2015/01/20
成清雄一
TOTO株式会社 取締役 常務執行役員

かつてのユーゴのように異民族、言語等での経験がない日本

日本人の不得意科目~ユーゴスラヴィアの数え唄から読む~

収録日:2014/07/14
追加日:2014/10/23
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

1歳から高級フランス料理? 幼いときから大事にしたいこと

齋藤ウィリアム流教育方針―好奇心と経験

収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/10
齋藤ウィリアム浩幸
株式会社インテカー代表取締役社長 /内閣府本府参与

パーフェクトを目指してはいけない!? 福島原発事故の原因

世界から見た日本(2)レジリエンスと教育制度

収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/04
齋藤ウィリアム浩幸
株式会社インテカー代表取締役社長 /内閣府本府参与

日本では「イノベーション」の定義が間違っている!

世界から見た日本(1)カタカナ語のガラパゴス化と内向き志向

収録日:2014/07/25
追加日:2014/10/03
齋藤ウィリアム浩幸
株式会社インテカー代表取締役社長 /内閣府本府参与

アジア在住の中国人は4千万人もいるのに日本人は40万人

日本企業のグローバル化を考える(1)日本の社会文化の形成

収録日:2014/06/11
追加日:2014/07/24
大上二三雄
MICG代表取締役 /立命館大学経営管理研究科客員教授

ブラジル的楽観性をもって将来を展望せよ!

日本とブラジルの将来に向けて~何を学び合えるか?

収録日:2014/04/10
追加日:2014/06/19
島田晴雄
公益財団法人日本国際フォーラム理事長 /慶應義塾大学 名誉教授

Diaoyou Islands? それとも尖閣?

戦略的国際広報のすすめ

収録日:2014/03/24
追加日:2014/04/10
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

寄付行為に表れる社会貢献や人生観は日米でかなり違う

「公益資本主義」の確立に向けて(2)社会貢献や人生観、経済システムから日米の違いを読み解く

収録日:2013/11/07
追加日:2014/02/24
原丈人
内閣府参与 /国連経済社会理事会特別諮問機関アライアンス・フォーラム財団代表(元大使)

従業員の給料を削減した経営陣がボーナスもらっていいの?

「公益資本主義」の確立に向けて(1)「株主重視」の考え方と日本のとるべき道

収録日:2013/11/07
追加日:2014/02/24
原丈人
内閣府参与 /国連経済社会理事会特別諮問機関アライアンス・フォーラム財団代表(元大使)

文化・芸術 の他のサブジャンル一覧